滋賀県大津市、草津市、栗東市、守山市、野洲市、近江八幡市、竜王町、高島市、甲賀市、湖南市などの車庫証明・自動車登録手続きは森田行政書士事務所にお任せください。

 

 
 
 
 
 

車庫証明とは

 自動車の保管場所の確保等に関する法律の第一条目的には、「この法律は、自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務づけるとともに、自動車の駐車に関する規制を強化することにより、道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図ることを目的とする」と書かれています。
<次のような場合車庫証明が必要です。>

・新車を購入したとき。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新規登録
・中古車を購入または譲り受けるなど保有者の変更があったとき。・・移転登録
・自動車の使用の本拠の位置を変更したとき。・・・・・・・・・・・変更登録
*車庫証明書は、自動車登録に必要です。
*使用の本拠の位置とは、個人の場合は住所、会社の場合は所在地をいいます。
*適用地域・・・滋賀県では、旧高島郡朽木村は不要です。

<手続きの流れ>

電話、FAX、メール等でご連絡いただき必要書類を当事務所あてご送付いただく

車庫を管轄する警察署に車庫証明(保管場所証明)申請手続き

約1週間後、警察署にて必要書類の受領、請求書と合わせてレターパックにてお客さまにご送付

料金の振込
*車庫証明は交付日から1か月有効です

<保管場所の用件>
①駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。
②自動車の使用の本拠の位置からの距離が、直線距離で2キロメートル以内であること。
③自動車が通行できる道路から、支障なく出入りさせ、かつ、自動車の全体を収容できる
 ものであること。
④保管場所として使用できる権原を有していること。 

<必要な書類>
1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
   1と2は4枚複写になっておりダウンロードできません。警察署にあります。
3.保管場所の所在図及び配置図
備考として以下の記入要領が求められています。
イ)保管場所に接する道路の幅員、保管場所の平面の寸法をメートルで記入すること。
ロ)複数の自動車を保管する駐車場の場合は、保管場所を明示すること。
ハ)使用の本拠の位置(自宅等)と保管場所の位置との間を線で結んで距離を記入すること。
二)現収容台数の欄には保管場所に現在収容している車両の台数(保管場所が月極駐車場等の場合は自己が契約している台数)を記入すること。
ホ)普通車、軽自動車以外の自動車を保有しているときは、車種とその台数を「その他」欄に記入すること。

4.保管場所が使用できること(使用権原)を明らかにする書面
・申請者本人の土地又は建物を保管場所とする場合
(イ)保管場所使用権原疎明書(自認書)
 「車庫にする土地・建物は私の所有であることに間違いありません」というもの。
・他人の土地又は建物を保管場所として使用する場合
(ロ)  保管場所使用承諾証明書又は保管場所として使用する権原を有することを疎
明できる書面(駐車場の契約書等)
(イ)と(ロ)は滋賀県では1枚になっておりますダウンロードしてご使用ください。
5.行政書士が代理申請する場合
  * 委任状
   提出代行の場合でも委任状があれば書き間違い等の修正ができますので便利です。
6.申請者の住所と使用の本拠が異なる場合(会社などで本社が申請→支社が使用といった場合)
*使用の本拠の位置が確認できる書面
(電気・ガス・水道等公共料金の領収書等)

<手数料>
1.申請時・・・証明書交付申請手数料として   2,150円
2.交付時・・・標章交付手数料として          580円
                                   計 2,730円 
手数料は滋賀県の場合です。   

 
 
簡単ホームページ作成